※当ページのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています。

催眠羞恥露出

催眠羞恥露出
催眠羞恥露出ゲームメーカー:ウィルテイムジャンル:催眠陵辱ビジュアルノベル発売日:2009年06月05日希望小売価格:1200円(税抜)【あらすじ】※公式より引用どんなに俺が嫌いでも、お前は逆らえないんだよ——。 主人公『谷田 金茂』はアパレルメーカーに勤務する中年男の万年係長。中肉中背で見た目もよくない。 女子社員からは『キモダニ』なんて不名誉な渾名までつけられ、部下からも蔑まれていた。 そんな金茂が手にした1冊の本。書かれていた呪文を唱えるだけで催眠術が使えるようになった。 元ヤンキーで美人な女子社員の『近藤理沙』 以前、同じ会社で勤務していたが、現在は寿退社をしている人妻の『豊原佳代子』 2人の女性を相手に、欲望の詰まった金茂の催眠術が炸裂する。 会社内で商談中にお漏らしさせ、男子トイレで全裸にさせては便器を舐めさせる。 飲み会中の居酒屋でも容赦なく羞恥を味わわせ、電車内で痴女行為をさせてやる。 エロ水着でのファッションショーのあとには、夫の前で人妻を輪姦する。 催眠術による羞恥露出に、相手の意思など関係ない。【気に入ったシチュエーション】良い人だと思っていた女性の本音を聞いてしまい、催眠でめちゃくちゃにする。【感想】価格を考えたら相当コスパの良い名作だと思う。二人のヒロインもシチュエーションが差別化されていてとても良い。『羞恥露出』という部分だと、(主人公からすると)クソ女の近藤理沙がまさにそれといった感じで、社内・社外両方でエロやばいことになる。復讐に近い形で色々するのでこのあたりはちゃんと本編を読んで、しっかり酷い態度を味わってからの方がカタルシスがあると思う。豊原佳代子は主人公が恋愛感情を持っているほどに良い性格……かと思っていたらな展開で、ここは主人公の逆恨みなんだけど容赦なくてとても良かった。総じてテーマ通りで操ってる感も凄くあるし、値段を考慮すると非常にオススメできる作品。オススメ度 ★★★★★★★★★☆ 9/10(ウィルテイムの中では特にオススメ)満足度   ★★★★★★★☆☆☆ 7/10(ルート合流してハーレムもガッツリやって欲しかった)
[紹介元] 催眠!ピカッとハウス 催眠羞恥露出