※当ページのリンクにはアフィリエイト広告が含まれています。

催眠学級

催眠学級
※画像クリックで紹介ページに飛びます。催眠学級ゲームメーカー:M no VIOLETジャンル:催眠シミュレーション発売日:2009年4月10日希望小売価格:2,900円(DLsite版)【あらすじ】※公式より引用たった二週間でクラスの女の子全員を催眠に堕とすにはもはや方法を選んではいられないっ!主人公“円山一樹”(名前変更不可)。彼の催眠術は相手に向かって直接術をかけるタイプのものではなく、いわば天性の才能と呼べるものだ。彼の近くにいるだけで、その生体のリズムから催眠が伝播。相手は知らず知らずのうちに徐々に一樹の催眠に侵されていく……。催眠が浸透するまで時間がかかるというリスクはあるが、術が完了すれば確実に相手を支配することができる。そんな一樹に、催眠術師を束ねる組織から指令が下る——「ある学園に潜入し、そのクラスの女の子全てを催眠状態に置け」。一樹にとってはそれほど難しい仕事ではない。しかし組織は彼に制限時間を課した。それは……たったの二週間。自然感染系の催眠術師である一樹にとっては、少々ハードルの高いミッションである。短期間で任務を達成するには、もはや方法は選んでいられない!学園に潜入した彼は、淫らで卑怯な策略をめぐらしながら、学級催眠を開始した——。【気に入ったシチュエーション】特になし【感想】数々の作品でパロディされた、伝説の集団逆立ち催眠はこの催眠学級が元ネタ。催眠が深くなると逆立ちするようになるのだが、結構笑える。ただ冷静に催眠エロゲーと考えるとクオリティは正直低いと言わざるを得ない。虚ろ目にはなるが催眠暗示っぽいのはそんなになく、セックスに繋げるためのエッセンス程度に感じてしまうし、伝播していく催眠のシステムも少し面倒だった。オススメ度 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 2/10(伝説の逆立ちが見たいなら)満足度   ★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 2/10(かなりソフトな催眠で物足りない)
[紹介元] 催眠!ピカッとハウス 催眠学級