雛見沢症候群の前に、催眠支配されちゃってた鷹野三四

雛見沢症候群の前に、催眠支配されちゃってた鷹野三四
この日、都心に出向いた鷹野は、支援者への報告と今後の方針などの協議を行った。
会合のあとで三四はある人物へと電話をかける。

「……えぇ、はい。明日は予定を空けておりますので」

「はい。……はい、そうです。部屋はスイートを取りましたわ」

「ハイヤーを手配するので、どうぞお越し下さい」

自分の宿泊先にその人物を招いた三四は、空のアタッシュケースを持って寄り道をしてからホテルへと向かった。
ホテルに到着した時、アタッシュケースは中身がぎっしりと詰まった状態になっていた。

「はぁ……気が重くなるわね」

相手を待っている間、三四はずっと気持ちが沈んでいた。
これからすることは自分に必要だが、望んでいるわけではないからだ。

しばらくすると相手がやってきたので、部屋で出迎える。

「お待ちしておりました」

「お、今日もちゃんと土下座してるねぇ♪」

「……約束ですから」

全裸で土下座して男を出迎えるという屈辱。
しかしこれをしないと彼の気を損ねてしまうのだ。

これから三四はこの男に対して性的奉仕を行い、上の口と下の口に精液を注いでもらう。
三四が雛見沢症候群の発症を予防し、都市圏で行動するには上の口と下の口から彼の精液を摂取するほかに手段がないのだ。

「じゃあまずは3日は洗っていないこのチンポをしゃぶってもらおうかな」

「……承知しました」

―――

「じゅるる、ぢゅるれろれろっ」

「んっぼ、じゅっぼ」

フェラチオをする三四の表情は険しいが、その行為自体には真剣だ。
雛見沢症候群の予防はそれだけ彼女にとって大事なのだ。

「あぁもう限界だ……出すからたっぷり味わいなさい」

「ん~ッッ!」

ビュルルッと射精された精液が三四の口内に注がれ、そのままゴキュゴキュと飲み下していく。

「はぁ~……ぅ

精液を飲んだとたん、三四の表情が一変する。
彼女は精液を飲むと体が淫らになり、「下の口」からも精液を摂取しないと火照りが覚めることのない体質なのだ。

「ああんっは、早く下の口にも注いでくださいっ

さっきまで嫌悪感丸出しだった三四を男はバックで激しく抱く。
偉そうな女でストレス発散するかのように激しく突くのが彼の楽しみだった。

「ああんっ凄いわぁっ

「激しくてっああイクッ

「そこ弱いのっおくっ、ああっ

「またイクウウウッ

お高くとまっている三四が淫らに喘ぎ、深く突くたびに絶頂する。
そんな彼女の膣内に避妊せず無責任に精を放つ。

それこそが彼にとっても至福の瞬間だ。

「私も限界だ……中に出すぞっ」

ビュルルッと射精された精液が膣内に充満すると同時に、三四は最大級の絶頂を迎えた。

「ああっいっくうううううんっ

―――

――――

――――――

じょぼじょぼじょぼ……

「ありがとう……ございまひた……

事後、土下座でお礼をする三四は、最後の締めにおしっ こをかけられていた。
屈辱的な行為だが、何度も何度も絶頂した余韻が覚めない三四の表情は淫らにふやけきっていて、もはや何をされているか理解できてはいなかった。

いや正確には毎回のことなので彼女も理解はしているだろう。
だがこんなことをされてもそれが気にならないくらい、精液を注いでもらえたことに対する感謝と喜びが勝るのだ。

そしていつも通り、男はお金の入ったアタッシュケースを持って部屋を去る。

三四の無様な姿を嘲笑しながら……。
Source: 催眠!ピカッとハウス
雛見沢症候群の前に、催眠支配されちゃってた鷹野三四