催眠リアス・グレモリー~搾精の紅オナホ姫~

催眠リアス・グレモリー~搾精の紅オナホ姫~

リアス・グレモリー

「すいません、ちょっといいですか?」

「私?何かしら」

「ちょっとこれを……」

ピカッ

「きゃっ!?」

リアス・グレモリー

「……」

「フヒヒッ!だ~いせいこぉ~♪」

「さぁて、どんな暗示をかけちゃおっかなぁ~」

―――

――

リアス・グレモリー

私の名前はリアス・グレモリー
「紅髪の滅殺姫」の異名を持つ上級悪魔にして、「搾精の紅オナホ姫」という隠れた異名を持っている。

私は望まれれば誰にでも体を開くオナホ姫。

まだ誰にも使ってもらったことはないけれど、もし誰かがヤらせろと言ってきたなら――――

「すいません、ちょっといいですか?」

リアス・グレモリー

「私?何かしら」

「あの、ヤらせてもらえませんか?」

「……もちろんいいわよ」

「けどいいのね?」

「そうやって声を掛けて来たってことは知っているだろうけど、私は「搾精の紅オナホ姫」よ」

「最初に得た相手の精液しか受け付けない体になってしまうし、一度精液を注いでくれた相手を全身全霊で愛し尽くす性質を持った女なの」

「だから私を使うと言うことは、私に愛され尽くされるということ」

「それをわかっているのね?」

「ふひひ!も~ちろんだよぉ!」

「わかったわ。じゃ、ホテル行きましょうか


Source: 催眠!ピカッとハウス
催眠リアス・グレモリー~搾精の紅オナホ姫~