催眠済みの孫策伯符

催眠済みの孫策伯符
「そこの気持ち悪い視線のストーカーおに~さん!」

「ふひ?」

「ちょっといいかな」

「何か用ですかぁ?」

「心当たりあるでしょ!」

「ずぅ~っと私のことみつめてきて、正直気持ち悪いんだよね」

「あ、いえ、そのぉ~……」

「まったく……私とエッチしたいならそう言えばよかったのに」

「むふ!むひひっ……いやぁ、そんなこと言えないよぉ」

「あ、もしかして私が闘士だから尻込みしちゃったのかな?」

「遠くからでもそんなに私のことを見てたんなら、私がチンポを前には抵抗力皆無のクソザコマゾ女だってわかりそうなもんなのにね」

「ストーカーお兄さんが服を着ている今ならボコボコにできちゃうけど、おにーさんがズボンを下げた瞬間、ただのチンポ穴になっちゃうんだから」

「そんなこと言われても本当かどうかなんてわからないから脱げないよぉ」

「はぁ?本当かどうかなんて、ズボン下ろせばわかるじゃない」

「ほら、こんな夜なら周りは人もいないしさ♪」

「う~ん、そこまで言うなら見せちゃおっかなぁ……ほいっ」

ぼろんっ

「……えっ」

「あ、ああ……!」

「あひいっやばいっ凄すぎぃ

「なんて立派なチンポなのっ。神々しすぎて腰砕けちゃうっ

「勝てないこんなのチンポ持ってる人に勝てるわけないよぉ

「あ、イクッチンポみただけでイッちゃううっ

「ああああっ

プシャアア……!

「うわ!凄いね……おもらし、じゃなくて潮吹いちゃったのかな?」

「はぁはぁ……ほらぁ、わかったでしょ……

「チンポ見ただけで腰抜かして潮吹いちゃうクソ雑魚オマンコなの」

「今ならそのチンポをぶち込んで、ズコズコできちゃうんだよ……

「しかも私処女だから、今ぶちこめば私はあなたの永久オナホ♪」

「犯した人のオナホになっちゃうのぉ?」

「そりゃそうだよ。女の子の闘士は初めての男性にチンポでパコパコされて、中出しされながらお前は俺のものだって言われたら絶対に逆らえなくなっちゃうんだから

「ほら、私を思い浮かべてずっとシコシコしてたんでしょ?」

「今なら夢が叶うんだよほら、そのオチンポを私に突っ込んで、男の夢叶えちゃいなよっ

「愛情ゼロの劣情100パーセントファックで、私の心とオマンコを虐めて……

「白いザーメン注ぎながら所有物宣言で征服欲満たして……

「しかも今日はぁ……排卵日だよぉ

「あぁ、体がどんどん動かなくなってきたぁ……

「チンポを前に、あぁ~……まったく力入らないよぉ

「そっかそっか~。ムフ!こんなチャンスなら男として犯さないわけにはいかないなぁ」

(むふふ!ふ、ひひ!待ちに待ったこの日が来たぁ!)

(催眠音波で夜な夜なじ~っくり脳に暗示をインプットして30日)

(ついにこの時が来たんだぁ!)

「さぁ~、オマンコにチンポぶち込んじゃうぞぉ♪」

「あぁ、嫌ぁ~

「んぁチンポ入ってきたぁ……え⁉」

ここで孫策は全てを、正しく理解した。
だが正気に戻ったのと同時に、演技だった脱力が本当のものとなってしまう。

「ち、力が……あ、嫌ああ……!」

「ふふぅ!オマンコさいこぉ!あぁ、締まる締まるぅ!」

「やめてっ……く、あ……ああっ

体は発情状態のままなので、嫌だろうと快感を強く得てしまう。
必死に抵抗するが、気持ち良すぎて思考がちゃんとできない。

(ま、まずいっ、このままじゃ私……!)

「そろそろイクよぉ!」

「嫌あああ!許して!なんでもするから許してええええ!」

「むふ、じゃあ許してあげようかなぁ!」

「ほ、本当?」

「うん。彼女になってくれるならねぇ」

「な、なるわ……なるからっ」

「じゃ抜くね~」

(やった!これで助か……)

「からのズドン♪」

「あひいっ!?

「やっぱりぃ、彼女なんて面倒なの嫌だから、僕の言うことを素直に聞く子になってもらおうと思うんだ」

恋人になる口約束は解放されればいくらでも反故にできる。
そんな甘い考えを粉砕する言葉に、孫策は泣き叫んだ。

「嫌ああああ!やめてえええ!」

「くぅ……!」

共通 中出し

無情にも中出しされた孫策は、自分の中で何かが変わっていくのを感じた。
そして、それがどんな変化なのかも理解していた。

「あ……ああっ……」

(出されちゃった……)

(わかる…何もかも……細胞レベルで屈服して……もう二度とこの人に逆らえないって……)

(暗示だってわかってても無理…もうダメ……私……この人のモノになっちゃったよ……)

「さ、孫策ちゃん。これからは僕の命令にぜ~んぶ従ってもらうからねぇ」

「牝奴隷として、ヨロシク頼むよぉ」

「はい……私は絶対に逆らいません……」

「宜しくお願いします……御主人様……」


Source: 催眠!ピカッとハウス
催眠済みの孫策伯符