桜市子のストレス解消手段

桜市子のストレス解消手段
桜市子は催眠術をかけられてしまい、感じるストレスを何倍にも増幅されてしまう。
それだけではなく、彼女はどうすればそのストレスから逃れられるのかを常に考えるように思考誘導も施された。
そして、ある結論を出すようにも……。

催眠状態を解除された市子は、日常に戻る。
だが膨れ上がるストレスに徐々に心を壊して行き、もう何もしたくないとすら思うようになった。

そんなある日、外を歩いているとペットを散歩している人をみかける。
他にもたくさんペットを散歩させている光景は見て来たのに、なぜかこの人だけは違って見えた。

「……これだわ!」

市子は直感した。

自分も動物のようになればいいと。
誰かのペットとして飼われて生きれば、ストレスから解放されるに違いないと。

「そうよ、そうだったのよ……!」

「人として生きているからストレスを感じるのよ」

「ペットなら飼い主の言うことを聞くだけでいい。飼い主の望むようにふるまってさえいればエサだってもらえるし、悩むことなんてない」

「これだ。これしかない!」

立ち止まっていた市子は振り向き、今みかけた人のところに駆け寄る。
そして言った。

「私をペットにしませんか!?」

明らかに頭のおかしい問いかけ。
しかしその人は笑って市子に答えた。

「……ちょうど若くて可愛い人間のペットが欲しかったんですよ」

この瞬間から、桜市子はその人のペットになった。
家に連れて帰られ、すぐ服を捨てさせられた。
首輪をつけられ、名前も「ロッサ」というペットの名前を与えられた。
ブロッサムから取った名前だが、由来なんてどうでも良かった。

ただペットにしてもらえたことが幸せでならなかった。
なぜなら、市子は首輪をつけた瞬間から全くストレスを感じなくなったからだ。

膨大なストレスからの解放は脳を焦がすほどの解放感で、もはや人間に戻ろうという考えなど微塵もなかった。

こうして、桜市子は牝の人間ペット、ロッサとして幸せに飼われたのだった。

Source: 催眠!ピカッとハウス
桜市子のストレス解消手段